他団体との関係


埼玉県学童保育連絡協議会
 埼玉県学童保育連絡協議会は,学童保育に関する様々な問題をともに解決するため,県内を近隣の市町村からなる5つのブロックに分けて交流活動をおこなっています。
 「坂戸市学童保育の会」は,鶴ヶ島市学童保育の会,新座市学童保育の会ほか沿線の学童関係団体のみなさまとともに東武東上沿線ブロックに属しています。


坂戸市保育をよくする会と学童保育保護者会連合会
 「坂戸市保育をよくする会」は,保育環境・保育条件の向上を願って市内の保育園,家庭保育室,学童保育の保護者から構成され,坂戸市と話し合いをしたり,講演,学習会を開催している団体です。
 2006年度より学童保育事業に指定管理者制度が導入され,「坂戸市」と「坂戸市学童保育の会」が事業運営の契約関係になったことから,各クラブの保護者会から役員を選び,新たに「学童保育保護者会連合会」を立ち上げて「坂戸市保育をよくする会」の活動に参加しています。